キリコ雑記(profile/アトリエはこちら

2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 最新

2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

06/2/28(月)
久々に買い物。
かなり変な服を買い、そこでかかっていたJKのCDが気に入ったのでそれも近所のHMVに行って買いました。
変な服、という説明も変ですね。
アバンギャルドな服と言った方がいいかもしれない。
かなり迷いましたが、同時にかなり心を引かれた上に半額以下のセールだったので決めました。
どうでもいいことですが、久々の買い物でちょっと気分がよくなりました。
JKのCDはDYNAMITEというやつです。
一応新作だが、すでに数カ月経過。
本当にCDを買わなくなった…………。
そう言えば、うちの息子、どこから仕入れるのかときどき「ジミ−・ヘンドリックス知ってる??」とか、私に聞いてくるので、即座に「コブヘ〜」 (パープル・ヘイズのことです。昔空耳アワーでやってて大受けでした)と得意げに歌うと、息子はびっくりします。
そういえば、最近、昔の歌を若いアーティストたちがフューチャーするので、みょーな感じです。
この間、ヒップホップのレーベルをやっている夫の友達が遊びに来て、「うちの会社の若いやつなんて、80年代生まれだよ!!!85年だって!! バナナラマの歌を別のポップスターが歌って流行っているんだけど、そいつ、バナナラマを知らないんだよ! !!」とショックを受けてました。
バナナラマ、80年代に流行った女性三人組のイギリスのグループです。



06/2/13(月)
ネットで新聞を読んでいたら次のようなニュースが。

『危篤ど根性ダイコン、バイオ延命 化学会社に「入院」』

2006年02月03日16時58分

日本人はカルガモとかアザラシとか好きだなあと思っていたが、大根も……と思った。
アスファルトを突き破って育った根性の「大ちゃん」がそのまま枯れてしまうのを心配した兵庫県相生市が、住友化学の子会社「住化テクノサービス」に持ち込んでバイオテクノロジーを使っての延命を頼んだということです。
感動的な話だな〜。



06/2/6(月)
BBCドラマ「BLEAK HOUSE」(邦題「荒涼館」原作:ディケンズ)を12/29と12/31の二日に分けて一挙に放送。
年末のは7時から始まって12時に終わったので、それが我が家の年越しだった。
年に一回のことだしということで、息子にも一緒に見ることを許可。
どうせ、途中で眠くなるだろうと思ったら、結局全部見てしまいました。そしてそのあとベッドに連れて行ったら、二分と経たないうちに爆睡。
かなりよく作られたドラマでキャスティングもばっちり、見ごたえ十分。
こんなに長時間ドラマを見たのは、ツインピ−クス以来だ。
今の日本だったら、「24」一挙に放送という感じ?
そして、息子がハマった。 
「DOCTOR WHO」にもいまだハマっていますが、「BLEAK HOUSE」に刺激を受けて、遺産をめぐる探偵ものというシリーズを自分で勝手に作り始めた。
原作は探偵は出て来ず、遺産をめぐる裁判が話の軸になってします。
そして、息子の書いたあらすじを見ると、£10000.65の遺産をめぐる設定。
£10000.00はいいのだが、端数の65ペンスというのが、なんだか半端。
本人によると大金プラスちょっとお得な感じ、というのを演出しているらしいのですが、端数を切れ!と言いたくなる。
ちょっと貧乏くさい。