キリコ雑記(profile/アトリエはこちら

2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 最新

2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

07/11/27(火)
私は矯正パーマをかけています。
こちらではYuko Systemと言います。
開発者がゆうこさんというのでしょうか?
もともと天パで、髪が太くて多いので、毎朝起きたときにまとめなければいけません。
家族には自然なほうがいいと言われますが、起きたらとかすだけで私にはちょー楽ちんです。
ロンドンのほうが高いので、日本に帰ると矯正パーマをかけます。
日本の行き付けのお店の美容師惨に「逆わけにして乾かすときれいにまとまりますよ」
と言われたので、髪の毛を洗うと普段のわけ目とは逆にして乾かします。
ある日、お風呂上がりにコンタクトをはずし、眼鏡をかけ、髪の分け目を逆にした己の姿を鏡で見たら、誰かに似ているような気がしました。
10秒ほど考え、わかりました。
福田さん(首相の)でした。(私は、デコが広い)
20秒ほどショックを受けましたが、すぐ立ち直りました。


07/11/19(月)
10/31はハロウィーンだったので、今年は子供達にあげるお菓子を用意して待っていました。
今年は、というのは、いつもうちにあまっているお菓子をあげていたからです。
うちの息子は甘いものがめちゃすきというわけではないので、お友達の御誕生日におよばれしてもらったパーティーバッグのお菓子を食べないでそのままうっちゃって忘れているので、私がそれを密かに隠してため、ハロウィーンのお菓子用に使っていたと言うわけでありました。
なのに、今年は子供がきやしない!!
いつもだったらドアノ開け閉めで忙しいのにしーんとしてました。
8時近くになってぽろぽろときたけれど、何だか拍子抜け。
「あそこの家はお菓子がしょぼい」と評判になったのでしょうか?
あまり大量に来られても困るけど、お菓子を用意したときくらい来いよ!とぶ−たれる私でした。
息子はお友達の家に行き、そこから保護者つきであちこちまわりましたが、彼が一番欲しかったマシュマロはもらえずがっかりしていました。


07/11/15(木)
うちのファックス、コピー機にかなりがたが来たので思いきって新しい機械を導入したのですが、それはパソコンに繋いで直接プリントアウトもスキャンもできる高性能のマシーン。
エンジニアが数人やって来て、私が留守で夫がいるときセッティングをしたそうですが、私のMacのOSクラッシックを見て、「こんな古いの見たことない!始めて!!」と骨董品扱いされたそうです。
それをあとで聞いて、なんだか自分自身がおばさん扱いされた気分になりかなり傷付きました。(おばさんなんだけどさ)
そのあと、圧縮ソフトが開かなかったり、スキャナーのドライバーがどこかに飛んでしまって、再インストールしたり、いろいろな不具合が生じてしまいました。
今もMicrosoft Officeが開きゃしません。
やはり、替え時なのでしょうか。
いやだな〜。


07/11/6(火)
イギリスのサマータイムが終わり、10/28から一時間時計の針が遅くなりました。
一時間余計に眠れて得した気分です。
親子三人で「 Ratatouille(レミーのすてきなレストラン)」を見に行きました。
そして、息子と夫が二人で夕飯を作ってくれることになりました。
これも得した気分です。
映画を観たから、というわけではなく、今日は父と子で作る!と決めていたのですが、この映画が大きなモチベーションとなってくれることでしょう。
私は仕事をしながらキッチンからの匂いを嗅ぎつつ何が出来上がるのか楽しみにしていたら、前菜は海老のカクテル。
ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースにレモン果汁、細かく切ったきゅうり、トマト、セロリが入っています。
そして、メインはひき肉タイプのクオーン(きのこで作られたベジタリアン用の肉の代用品)とほうれん草の入ったオムレツとかりかりのポテトソテ−添え。
実際の労働の多くは夫がしたようですが、アイデアは自分と鼻高々な息子。
彼いわく、彼がレミーで、夫はリングイネだそうです。(映画の主人公)