キリコ雑記(profile/アトリエはこちら

2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 最新

2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

08/7/30(水)
アテネ日記 9

夫の知人がギリシアにいるのでスニオンというところに案内してもらいました。
スニオンはポセイドンの神殿があります。
写真では雲ってぼーっとしているように見えますが、これは曇っているのではなく、これはサハラからのホコリなんだそうです。
え?!!と思いましたが、日本にも中国から黄砂とか来るのでそんなもんかと思い直しました。 
晴れていて、夕暮れ時に来ると最高のデートスポットなんだそうです。
ガイドブックの夕暮れの写真はものすごくきれいでした……




08/7/24(木)
アテネ日記 8

今回のメインイベントはミケーネ・ツアー。
アテネから2時間半ほどのバス旅行に参加しなければなりませんが、絶対行きたかった場所です。
子供のときに読んで興奮したシュリーマンのトロイア遺跡発掘の話の実際の場所にうん十年経って今、訪れる!!てな感じです。
ただ、シュリーマンはこの遺跡を発掘するために別の地層にあった他の時代の遺跡をぶっ壊して掘り進んで行ったそうです。
そして、どうやら、シュリーマンが発掘した遺跡は跡で検証したら、トロイア戦争よりも前のものだったそう。
アテネの考古学博物館に陳列されている黄金のマスクも、彼は「アガメムノンのマスク」と信じていたそうです。

さて、このアガメムノン、トロイア戦争のギリシア側の総大将。
トロイア戦争は、トロイアから来たパリスがスパルタの王妃であったヘレネをさらって行った事から始まります。女神ティティスとペレウスの結婚に招かれなかった不和の女神エリスが宴の席に黄金のリンゴを投げ込み、三人の女神が取り合います。パリスは審判として連れてこられ、結局絶世の美女を妻にしてあげるというアフロディーテを選んで、以下省略。(くわしくはトロイア戦争で検索すると出て来ますので興味のある方はどうぞ)ヘレネの夫メラネオスはアガメムノンの弟です。絶世の美女ヘレネには求婚者が殺到したので、誰か一人を選んで争いごとになったら困ると思った父は求婚者に、もし、ヘレネが誰を選んでも、そのあと何かあったら求婚者たちが一致団結して助ける事、と条件を付け誓わせました。
なので、ヘレネがさらわれたとき、ギリシア勢として一致団結したそうです。
あと、客としてスパルタに滞在していたパリスがメラネオスの留守にヘレネをさらうときに、スパルタの宮殿から宝物もたんまり盗んで行ったそうなので、メラネオスにしてみればメンツ丸つぶれだったわけです。
しかし、神様とか半分神様(ギリシア側にもトロイア側にも神様の子供が結構出てきます)が出てくるから普通の人間と成長速度が違うのか、ヘレネ(彼女もゼウスの子供という説があり)の美貌が20年に及ぶトロイア戦争で変わらないのはいいのですが(美女は永遠に美女)、そもそもの発端になったテティスの婚礼のあとに生まれたはずのアキレウスもトロイア戦争に参加しているのです。
幼い頃にじいやのような人に連れられて参加はしているのですが、気がつけば彼の死後に戦争に参加する息子までもいつの間にか、いるのです。
計算が合わない。時空を超えてます。ヘレネっていったいいくつよ!と突っ込みたくなります。
まあ、神話だから細かい事は気にしないのかもしれません。
そして、メラネオスとアガメムノンはアトレウスという家系なのですが、この家がとってもひどい。
呪い合戦です。書こうと思ったけどややこしいので興味のある人はウィキペディアでタンタロスを見てください。呪いが呪いを呼び、アガメムノンが妻のクリユタムネーストラと従兄弟のアイギストスに殺され、その復習でガメムノンの子供のアレステスがクリュタイムネストラを殺します。
報復からは報復しか生まれないのですね。ということをギリシアから学びます。
あと、ギリシア人が美形が好き。美しい事はとても重要だったようです。
敵方でも美貌だと扱いが変わってきます。
美貌って力ですね。
 
そのあとに、エピダブロスの劇場に行きましたが、ステージの真ん中部分に石がはめ込んであってそこに立って発声すると音響効果がものすごいです。
その地点だと音が縦に響くのです。
機会があったら恥ずかしがらず、何か言ったり歌ったりしてみてください。
びっくりします。

ライオンゲート

天井内部
城跡

墓
墓内部


08/7/7(月)
アテネ日記 7

アテネは思った以上に快適な町ですが、困った事が一つ。
トイレです。
2004オリンピックでぐあーっと近代化したのですが、場所によっては使用済みのトイレットペーパーはトイレに流さず、備え付けのゴミ箱に捨てるように、とガイドブックに書いてありました。
その場所の判断ですが、例えばホテルの自室のトイレは特に表示がなし。なので、普通に使っておりましたが、同じホテルの朝食ルームの近くのトイレには「紙は捨てるな!」のサインが英語でありま
す。この紙は一般の紙なのか??それとも使用済みのトイレットペーパーなのか??
サインがない場合は普通に使用するのですが、こういうサインだとどっちにしていいか迷います。
明らかに使用済みの紙が横に置かれたゴミ箱に積み重ねられて悪臭を放っているトイレは迷う事なくその習慣に従うのですが。
現地で夫の知人に会ったのでこの話をしてみたら、「書いてあるんだったら、それは使用済みの紙を捨てるなっていうことよ。」と言うのですが…。
でもでも、問題は「紙捨てるな!」のサインは他の異物の絵もあるので、解釈によっては、トイレトペーパー以外は捨てるな!と言う風にも見えるのです。
さすが、ギリシャ、哲学の国。トイレに入る度に私に考えさせようっていうわけでしょうか??

ちなみに、使用済みのトイレットパーパーを捨ててはいけないのは、昔の配水管が狭くて詰まりやすいからだそうです。