キリコ雑記(profile/アトリエはこちら

2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 9月 10月 11月 12月 最新

2007年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

08/9/24(水)
毎年、とある定期検診を受けているのですが、先日その定期検診に行ったときのこと。
検診が終わりかけたころ、看護婦さんが「コーヒー、ほしい?」と私に言いました。
その検診を受けるのは三回目ですが、「コーヒー」をすすめられたのは初めて。
一瞬、この検査のあとに何か長く時間がかかる手続きがあって、だからコーヒをすすめてくれたのかな??とか考えながら、「お願いします」と答えた私。
待合室でしばらく待っていた私にその看護士(最近は看護婦とは言わないんですよね?)さんがコーヒーとクッキー、そしてミルクを載せたトレイを持って来てくれましたが、周りを見回しても、コーヒーをもらっているのは私だけ。
嫌なことをされたではないのですが、???????と頭の中にはてなマークがいっぱいです。
理由をいくつか考えてみました。

1 私がひなげしのようだから。(遠方から石渡の蹴りが飛んで来た気がしました)

2 看護婦さんがあれこれいろんなことをしてくれたときに私が毎回丁寧に「ありがとう」と言っていたので好感を持たれた。

3 この看護士さんは私に気がある。

4 プライベートの保険の客なので差を付けてくれた。(でも今までもそうなのに、お茶をすすめられたことはなかった)

わかりません。
夫にも話しましたが、やはり「なんでだろうね?」という反応。



08/9/16(火)
プールに行ったら、よっちゃんのような三つ編みの人がいた。
誇張ではなく本当に、突き出た三つ編み。
ドレッドヘアの人がプールに入るにあたり、髪をまとめようと大量の髪の毛をきつく三つ編みにした、と見た。
針金と入れてなくても突き出るのね、と感動。
よっちゃんはサリーちゃんのお友達のよっちゃんです。


08/9/6(土)
日本から戻って数日。
涼しいっす!!寒いに近い涼しさです。
暑い日本では出歩くのがつらかったけど、寒いのもつらいです、って、寒くないように長袖を着ればいいのですが、何となく面倒くさくて寒さに震えてます。
帰って来てからの時差ぼけが思いのほかつらかったです。
眠くなるというよりは午後三時頃になるとずどーんと疲労感に教われるのであまり使い物になりません。仕事山積みなんですが。
まあ、疲れても仕方ないですよね。
長いフライトと時差ぼけがあるのだから。
なるべく水を飲むようにして、日中日に当たるようにしてます。(こうすると体内時計がうまく調整してくれるらしい)
とにかくひさびさの夏の帰省だったので、よけいに疲れた気がします。

ディズニーランド、ディズニーシーも行きましたが、炎天下のもとでは歩くのもつらいという事を思い知らされました。
遠出をしたくないという思いから、東京近郊の温泉(長瀞)に行きましたが、近くて楽だったです。
その近くの公園で二人のりのゴーカートに息子と一緒になりましたが、エンジン搭載かなり本格的なゴーカート。
息子に運転させたらハンドルをさばききれず、壁に激突。
息子はきちんとヘルメットのシールドをおろしていなかったので、出ていた鼻を打ち、赤くなってしまいました。
かなりショックを受けたようで「死んでたかも!!」とうろたえていたので、「セナのスピードじゃないから大丈夫」と安心させようとしましたが、そもそもセナを知らない息子なので、あまり効果はありませんでした。
運転を私と代わりましたが、本当にハンドルが重く、降りたあと手が筋肉痛になりあわててマッサージをしてほぐしたくらいです。

息子は激突にショックを受けながらも、鼻に出来た痣を新学期に友達に見せびらかすのを楽しみにしていたのですが、ロンドンに帰って来たら跡もつかずにきれいに直ってがっかりしてました。
いとこたちと一緒にキッザニアにも行った息子ですが、人気のある職業は列が長いので、漫画家のブースに行ったとのことでした。
あと、ピザーラでピザも作ったようですが、(ピザ作りも漫画も)家でもできることをわざわざキッザニアでするなんて、と母はちょっと不満(笑)。
まあ、夏休みの日記のネタという事で割り切るしかありません。
そういえば北京オリンピック、あまり見ないうちに終わってしまいました。
一つだけ特に見たい競技があったのですがちょうど帰る日にかかっていたので、チェックできず。
放送されたかどうかも分かりません。
女子の槍投げなのですが、義父の二度目の奥さんの姪が出場していたのでした。
世界のトップ5に入っていたのでもしかしたらと思ったのでしたが、結果は4位でした。
残念。
でも、イギリスの記録は更新したそうです。


08/9/1(月)
暑い暑い日本滞在中の玖保です。
とっても不思議なことがありました。
私は前回来たときのSUICAを持っているのですが、今回は夫も来るのでいちいち切符を買わなくてもすむように、PASMOを買っておこうとずっと思っていました。
忘れないように忘れないようにと心に刻み続けていましたので、実際PASMOを購入して夫に渡したときはほっとしました。
これで、もうPASMOのことを考えなくてすむ!!
しかし、ある日、出かける前にお財布の中の領収書類を整理していたときのこと、千円札の間にPASMOを発見。
私「PASMO渡したよね?」夫「持ってるよ〜」
となるとこのPASMOは誰がいつ購入したのでしょうか??
夫のためのPASMO以外購入した記憶はまったくありません。
誰かがおつりをくれたときに千円札に紛れ込んだのでしょうか??
試しに使ってみたら3500円分入っていました。
私が夫に買ったPASMOは3000円分です。
まさに真夏の昼のミステリーです。
一番怖いのは、自分で買ったくせにきれいさっぱりさっぱり忘れていることです。